Archive for the ‘Topics’ Category

利用状況の更新のお知らせ

2018-02-24

2月24日10:00に 2018年2月 ~ 2019年3月  までの利用状況を更新しました。

 

利用状況

facebook更新しました!!

2018-02-15

Facebook更新しました!

これから滋賀県立武道館の各大会の様子や情報、教室の様子など載せていきますので “ いいね!” お願いします。

facebookページはこちら

柔道教室

2018-01-27

柔道教室(継続23年目)

 

IMG_8414

 ★お知らせ

1月21日に行われた大津市民青少年柔道大会に柔道教室受講者が参加しました!!

 

 普段柔道教室で練習している県立武道館が会場となり、各道場で日々練習している少年少女、一般の方々が、畳の上で激しい戦いを繰り広げられました。柔道教室の受講者も参加し、みなさん闘志あふれるファイトでかっこよかったです。結果は惜しくも負けてしまいましたが、次に向けてみなさんやる気一杯になっておられました(^_^)。

 

  

 

 

 ●後期申し込み受付中

10月31日から柔道教室の後期がはじまっております。現在23名の方にご参加頂いており、まだまだ参加者募集中です。一緒に汗を流しましょう(^^;)

柔道後期集合写真

  柔道教室講師の治部美和先生、翻訳家としても活躍中!!

2017年9月30日に文武一道塾志道館から「ミッチのあいことば」が発行されました。

柔道を題材としたえほんで、日本では初の柔道えほんとなります。

柔道は1882年に、嘉納治五郎という一人の日本人によって創られた武道であり、作中で使われている「精力善用、自他共栄」という言葉は、嘉納治五郎先生が残した言葉の中の1つです。

数々の精神性にあふれた言葉を遺されており、「精力善用、自他共栄」という言葉は、今では柔道の基本理念と言われています。

絵本ならではの表現で、「精力善用、自他共栄」の理念を描いた作品となっていて、柔道教室の治部先生も仏文翻訳として協力をされています。

みっち

文武一道塾 志道館発行本「ミッチのあいことば」

 

IMG_8433

 

仏文翻訳:治部美和

フリーライター:静岡県生まれ京都府育ち。同志社女子大学卒業。パリ第4大学ソルボンヌ在籍中、日系企業の現地取材アシスタント、通訳、広報誌の取材・執筆を担当。2002年の帰国後、新聞社系の週刊情報誌の記者として文化面を担当。2006年からチェコ共和国プラハ居住、長男が通う英国系スクールで初めてJUDOに出会う。2011年の帰国直後に長男→次男→自分の順に地元の道場に入門。「日本」「フランス」「柔道」をキーワードに執筆多数。講道館柔道初段。

 

★本についての問い合わせ先

 

「ミッチのあいことば」

2017年9月30日発行

発行者:板東真夕子

発行所:SHIDOKAN

文武一道塾 志道館 柔道えほんProject(担当 近藤)

〒160-0011東京都新宿区若葉1-3

tel:03-5931-3981

E-mail:Kondo@bunbuichido.net

ホームページ

絵本注文ページ

 

 

★教室風景写真

 

ウォーミングアップ①

IMG_8368

 

ウォーミングアップ②

IMG_8383

 

補強運動

柔道28-1

 

受け身の練習

IMG_8390

 

技術指導

IMG_8417

 

技術練習

IMG_8429

 

 

★講師から一言

講師 北川基寛

柔道に興味のある方、やってみたい方、経験者でまたやってみようと思われる方等々、『柔の道』のもとに集まり、はじめませんか。帯をギュッと!

当柔道教室は、名の通り教室です。よって歴史や技の理合い等、柔道についての色々なことを共に学んでおります。現在も小学二年生から一般では女性の方、男性では五十代の方までおられます。

子供には子供の柔道が、女性には女性の柔道が、五十代には五十代の柔道がそれぞれあります。物事を始めるのに年齢は関係ありません。柔道をやり出してそこから《強くなりたい》、《修行として》、《黒帯を目指したい》、《生涯スポーツとして》、等々の色々な道に進んでいかれればよいかと思っております。勿論それぞれの目標にあったご指導をさせて頂きます。また、目標はないが柔道が好き。それでもいいんです。柔道教室が自分の居場所となれば幸いです。

柔道は他の武道と違うところが大きく二つあります。一つは、柔道の創始者である。嘉納治五郎師範が武道家ではなく教育者であるという事。よって柔道を通じて人間形成の教育にたずさわります。後一つは、柔道には創始者嘉納治五郎師範が決められた最終目標があるという事です。それは自分が柔道修行で得た人間力を人のため、社会のために貢献しなさいという事です。

よって、柔道教室では少しでも最終目標に近付ければと、小さい事ではありますが、柔道に対する様々な事を知り、投げて投げられての修行から自分を鍛え、子供から大人までが、「現代社会の中で、当たり前の事を当たり前に出来るように」を目的としています。柔道は畳の上だけではないと。

個人競技でありながら相手を敬う共栄競技。一度柔道教室の門を叩いてみませんか。

図らずも講師をさせていただいている私も六十歳を幾つか過ぎましたが、まだまだ愚者で修行の身、皆さんと共に、柔道修行を行いたいと存じます。一緒に汗を流しましょう。

 

★教室担当から一言

はじめまして、柔道教室を担当しています太田と申します。柔道教室を担当して3年目となりました。

柔道教室では毎年、前期・後期と二期に分けて合計30回の教室を開催しています。

滋賀県柔道連盟から講師を迎え、武道の基本となる礼儀・礼節や技術習得に向けて、熱心な指導をしていただいております。

教室内は、明るく笑顔の絶えない雰囲気の中行われていて、こども達は体力向上、大人の方は健康維持・技術習得など、参加理由は

様々ですが、みなさん一生懸命に取り組んでおられます。

教室終了後には、世間話などに花が咲き、ついつい時間を忘れてしまう事もあります。(^_^;)

私も受講生のみなさんと共に、柔道を通して成長していければと考えています。

柔道を始めてみたい方、興味のある方は、是非ご参加ください。心よりお待ちしております。

 

柔道教室要項

申込用紙

 

滋賀県立体育館・武道館管理センター

柔道教室 担当    太田 大二郎  

TEL 077-521-8311 

FAX077-521-8348

 

 

 

 

 

「ミッチのあいことば」柔道教室講師が翻訳協力!

2017-11-16

  柔道教室講師の治部美和先生、翻訳家としても活躍中!!

 

2017年9月30日に文武一道塾志道館から「ミッチのあいことば」が発行されました。

柔道を題材としたえほんで、日本では初の柔道えほんとなります。

柔道は1882年に、嘉納治五郎という一人の日本人によって創られた武道であり、作中で使われている「精力善用、自他共栄」という言葉は、

嘉納治五郎先生が残した言葉の中の1つです。

数々の精神性にあふれた言葉を遺されており、「精力善用、自他共栄」という言葉は、今では柔道の基本理念と言われています。

絵本ならではの表現で、「精力善用、自他共栄」の理念を描いた作品となっていて、柔道教室の治部先生も仏文翻訳として協力をされています。

 

 

みっち

文武一道塾 志道館発行本「ミッチのあいことば」

 

IMG_8433仏文翻訳:治部美和

フリーライター:静岡県生まれ京都府育ち。同志社女子大学卒業。パリ第4大学ソルボンヌ在籍中、日系企業の現地取材アシスタント、通訳、広報誌の取材・執筆を担当。2002年の帰国後、新聞社系の週刊情報誌の記者として文化面を担当。2006年からチェコ共和国プラハ居住、長男が通う英国系スクールで初めてJUDOに出会う。2011年の帰国直後に長男→次男→自分の順に地元の道場に入門。「日本」「フランス」「柔道」をキーワードに執筆多数。講道館柔道初段。

★下記問い合わせ先にて、購入することができます。

購入についての問い合わせ先

「ミッチのあいことば」

2017年9月30日発行

発行者:板東真夕子

発行所:SHIDOKAN

文武一道塾 志道館 柔道えほんProject(担当 近藤)

〒160-0011東京都新宿区若葉1-3

tel:03-5931-3981

E-mail:Kondo@bunbuichido.net

ホームページ

絵本注文ページ

【バス】なぎさ公園線の廃止について

2017-10-28

アクセス方法の【バス】なぎさ公園線の定期運行が

2017年10月1日(日)改定にて

廃止となりました。

なお、ご来館の際は、別路線でお越しいただけますので、下記「最寄り停留所」をご覧の上、お越し下さい。

※最寄り停留所 「馬場1丁目県立体育館前」 

        「西ノ庄(びわ湖大津プリンスホテル前)」 

 

 

 

ネーミングライツパートナー募集について

2017-10-13

滋賀県では、「滋賀県立武道館の長期的、継続的な運営基盤を確立し、魅力あるスポーツ事業の展開や、より良いサービスの提供を通じて、スポーツの振興を図る」ことを目的に、滋賀県立武道館に愛称を付ける権利を取得するネーミングライツパートナーを募集しています。

武道館は、琵琶湖岸に面し、白壁の米蔵をイメージした外観と広々とした吹き抜けの玄関ホールなど、武道の殿堂と呼ぶにふさわしい雰囲気をもった建物です。相撲場・弓道場・柔道場・剣道場を備え、毎年、全国または近畿規模の大会を開催しています。また、県民総スポーツ普及振興事業として、各競技種目の教室を開催しており、広報活動にも力をいれておりますので、外部への宣伝効果にもなります。

詳しくは、滋賀県ホームページをご覧ください。

(お問い合わせ)

滋賀県県民生活部スポーツ局

TEL:077-528-3361     FAX:077-528-4841  E-MAIL:sports@pref.shiga.lg.jp

 

【日本ライフル射撃協会】ヤングスターランクリスト競技大会サマーカップ成績発表

2017-08-06

平成29年7月23日に、和歌山県ライフル射撃場で行われた競技大会の結果が、日本ライフル射撃協会から発表されました。

 

成績発表

平成29年度 県立武道館開催教室の案内について

2017-04-01

平成29年度開催教室のご案内

 

●フラダンス教室 要項 申込用紙

 ※定員が15名から20名に変更になりました!

 

●弓道教室 要項 申込用紙

 

●剣道教室 要項 申込用紙

 

●柔道教室 要項 申込用紙

 

●合気道教室 要項 申込用紙

 

●相撲教室 要項 申込用紙

 

●ジュニア強化剣道教室 要項 申込用紙

 

●ビームライフル射撃教室 要項 申込用紙

 ※2グループに分けられ、1グループ12名ずつの定員になりました!

 

●弓道小学生・中学生コース 要項 申込用紙

 

●親子英語DEエクササイズ教室(新) 要項 申込用紙

 ※今年度から新たに開催します。

 

皆様のご応募お待ちしております!!

ページ上部へ

滋賀県立武道館は、指定管理者として公益財団法人滋賀県体育協会が管理運営しています。
Copyright (C) Shiga Sports Association All Rights Reserved.